Syndicate content

Japan

衛星技術を使った気候関連災害対策-アフリカの農家を守るために

Keiko Saito's picture
Also available in: English
エチオピア:トマトを仕分けする農民。 写真撮影:Stephan Bachenheimer / 世界銀行


農業では、ときに予測が難しい局面があります。特に気候関連災害の影響を受けやすい地域の貧しい農民の場合、この傾向が高くなります。人口約10億人を抱えるサブサハラ・アフリカ[1] では、農業が今も雇用の約64%を占めています。その上、耕作地の95%以上は、灌漑設備の恩恵を受けることができず[2]、雨水に依存する天水農業が行われています。そのため、干ばつなど気候関連の災害により、アフリカ全土で作物の損失や家畜の死が頻繁に発生し、多くの人々が被害を蒙っています。さらに、気候変動が状況を悪化させると予想されています。

アイデアソン:コード・フォー・レジリエンスでイノベーション創出のために技術と災害リスクの専門家が結集

Keiko Saito's picture
Also available in: English


自然災害の現場に最初に到着するのは、ほとんどの場合、被害を受けたコミュニティの人々です。しかし、災害からの復旧、復興のメカニズムはトップダウン型であることが多く、そのためのツールやプロセスも政府や機関によって構築されています。

防災グローバル・ファシリティ(GFDRR)が運営するグローバル・イニシアティブ であるコード・フォー・レジリエンス は、自然災害に対するコミュニティのレジリエンス強化に重点を置き、政府機関とコミュニティの間にありうる距離を埋めるべく、災害リスクの専門家と地元の技術コミュニティとの橋渡しを図っています。

Coding for Community Resilience to Natural Disasters

Keiko Saito's picture

It was only three years ago that a magnitude 9.0 earthquake hit Japan. I still remember vividly the horror of watching in disbelief as live television footage captured the tsunami rapidly moving inland. I was living abroad at the time, and tried frantically to get through to my family in Tokyo, not knowing the extent of the damage there.