Syndicate content

データ視覚化

データ:3億8,500万人の子供が極度の貧困状態に

Tariq Khokhar's picture


世界の極度の貧困層の半数は子供です。世界銀行グループとユニセフが共同で新たに発表した報告書は、2013年、世界で約3億8,500万人の子供が極度の貧困状態にあると指摘しています。これらの子供の10人中9人が、20カ国に集中しています。詳細は、報告書「極度の貧困を撲滅する:子どもを中心に」(英語)を参照ください。

 

データ:1人当たりの年間水資源量が多い国

Tariq Khokhar's picture

アイスランドでは、人口一人当たり年間でオリンピックのプール200個分を超える量の水資源に恵まれています。一方、現在世界で約16億人が水不足の国に暮らしており、その数は20年後には2倍になると見込まれます。中央アジア地域の年間水資源量は、2030年までに1人当たり年間で1700立方メートル、つまりプール1個分以下まで減少する見込みです。今年の世界水週間のテーマは、「持続可能な成長のための水」でした。
 

世界銀行の最貧国向け基金、国際開発協会 (IDA) 借入国の25年の軌跡

Tariq Khokhar's picture

IDAは世界の最貧国に対して最大規模の資金援助を行っています。過去25年以上にわたり、IDAの支援を受けた国々は、清潔な飲料水衛生施設へのアクセス、初等教育修了率の改善、子供の予防接種率の向上、また携帯電話の普及など、さまざまな面で発展を遂げてきました。
 

データ:200種以上の植物が絶滅の危機に瀕している国

Tariq Khokhar's picture

生物多様性は、生態系が正常に機能するために欠かせない。 世界開発指標に掲載されている国際自然保護連合のデータによると、上記の図で示された20カ国では、一カ国あたり200種以上の植物が絶滅の危機にさらされている。

興味深いのは、絶滅の危機に瀕している植物の数が、絶滅危惧種の魚類と鳥類、哺乳類をすべて合わせた数字とほぼ同じということだ。

 

絶滅の危機に瀕している植物の数は、絶滅危惧種の魚類と
鳥類、哺乳類の総計にほぼ等しい

 

下の一覧では、国別の絶滅危惧種の数を、植物、鳥、魚、哺乳類と種目別に記載している。より比較しやすいグラフとするには、数字が突出しているエクアドル(ガラパゴス諸島を含む)をクリックの上、非表示(Exclude)を選択すればよい。

国別の絶滅危惧種の数(植物、鳥、魚、哺乳類)

国際森林・樹木デー:5つのデータ

Tariq Khokhar's picture

石油価格:今後の見通し

Tariq Khokhar's picture

世界銀行は、世界の一次産品市場の動向について四半期に一度発表する報告書「一次産品市場の見通し」の最新版で、2016年の原油価格を1バレル当たり平均37ドルと予測している。今回の予測の背景には、世界経済の減速、高水準の備蓄、市場シェア最優先のOPEC政策が続いていることなどが要因として挙げられる。
 
関連:プレスリリース「世界銀行、主要一次産品46品目中、原油など37品目の 2016年価格見通しを下方修正」

 

データからみるジェンダー格差

Tariq Khokhar's picture

世界銀行グループは、新たにジェンダーに関するデータのポータル・サイトを立ち上げた。 同サイトには、教育、人口構成、保健、仕事、資産保有状況、政治参加等、様々なトピックについて男女別のデータが集められている。また、世界銀行グループはこのほど、「ジェンダーに関するリトル・データ・ブック2016」も発表し、同時に、世界開発指標の最新データもオンライン上で公開している。

今回、最新のデータが提供されることで、世界銀行のデータをジェンダーの観点から分析することが、これまでより容易になる。トピック別の一覧では、項目ごとの分布や傾向の概要を閲覧することが可能だ。