1742年の夏、二つの台風が相次いで日本を直撃し、豪雨と主要な河川の氾濫を引き起こしました。洪水は、日本では珍しいことではありませんでしたが、1742年の江戸大洪水は近代日本において最悪の洪水となり、また、大都市圏で起きた初めての洪水災害となりました。これにより、江戸の発展を促してきた河川工学の変化に注目が集まりましたが、この変化は江戸の洪水に対する脆弱性を増す結果となりました。

Jolanta Kryspin-Watson, Jia Wen Hoe |

In the summer of 1742, two typhoons swept across Japan in quick succession, bringing torrents of heavy rain and flooding major rivers. Records from a young monk who witnessed the floods describe a…

Jolanta Kryspin-Watson, Jia Wen Hoe |