世界銀行の最近の分析では、インドネシアにおける河川洪水の被災者人数は2015年と比べ2055年には75%増加するとみられています。

Jian Vun, Jolanta Kryspin-Watson, Kevin Simulya Alyono |

日本政府と防災グローバル・ファシリティの支援を得て、災害の根本原因の分析と地域社会の強靭性向上に関する研修を、世界銀行とそのパートナーが80名以上のアフガニスタンの技術者と政策立案者に提供しました。

Julian Palma, Ditte Fallesen |

City leaders will gather again at the Urban 20 Mayors Summit in Tokyo, Japan, to continue their conversations and further unlock cities’ tremendous potential in driving inclusive, resilient, and…

Ede Ijjasz-Vasquez, Horacio Cristian Terraza |

Urbanization is a defining phenomenon of our time, with an estimated 80% of global economic activity now generated in cities and an increase of two billion city residents, globally, between 2000…

Sameh Wahba, Valerie-Joy Santos, Rodica Tomescu-Olariu |

1742年の夏、二つの台風が相次いで日本を直撃し、豪雨と主要な河川の氾濫を引き起こしました。洪水は、日本では珍しいことではありませんでしたが、1742年の江戸大洪水は近代日本において最悪の洪水となり、また、大都市圏で起きた初めての洪水災害となりました。これにより、江戸の発展を促してきた河川工学の変化に注目が集まりましたが、この変化は江戸の洪水に対する脆弱性を増す結果となりました。

Jolanta Kryspin-Watson, Jia Wen Hoe |

In the summer of 1742, two typhoons swept across Japan in quick succession, bringing torrents of heavy rain and flooding major rivers. Records from a young monk who witnessed the floods describe a…

Jolanta Kryspin-Watson, Jia Wen Hoe |

By 2050, waste generation is projected to increase by 70 percent and drastically outpace population growth by more than double. Managing all that waste is becoming an important agenda for many…

Sameh Wahba, Frank Van Woerden, Kremena M. Ionkova |

このページの言語: English ブータンのワンデュ・ポダン・ゾン。2012年に火災で焼失。(Photo: Barbara Minguez Garcia 2018) 日本の京都とブータンのティンプーは3つの国と海に隔たれ、約4,500キロメートル離れた位置にあります。言葉も歴史も異なりますが、歴史的建造物に関しては火災という共通の敵が存在します。

Barbara Minguez Garcia, James P. Newman, Dechen Tshering |

This page in: 日本語 When it comes to their heritage buildings, both Bhutan and Japan have one common enemy: Fire. A view of Wangduephodrang Dzong in Bhutan which was destroyed by fire in 2012.…

Barbara Minguez Garcia, James P. Newman, Dechen Tshering |