Burundi. © Sarah Farhat/World Bank [[tweetable]]最貧国の気候変動対策をどのように進めればよいか。これは大変難しい問題です。[[/tweetable]] この3年間に、世界の平均気温は過去最高を記録しました。化石燃料や産業活動に起因する二酸化炭素の排出量は、しばらく横ばいが続いた後、2017年から再び上昇に転じています。最近では、激しい暴風雨、…

Axel van Trotsenburg |

© World Bank 将来どのような仕事に就くのだろうとよく考えますか?学校であなたが学んでいることは、未来の仕事につながっていると思いますか?未来の教室そして教師はどのようになっているでしょうか?より良い学習方法があると思いますか?新しい教育の形について画期的なアイデアがありますか?あなたは現在、高校または中等教育機関に通う16歳~19歳の生徒ですか?…

Arathi Sundaravadanan |

© ThickStock.com/Getty Images 10年前に世界銀行が発行した史上初のグリーンボンドは、今日の市場規模が500億米ドルを超えるテーマ型債券市場の枠組みを作りました。本稿では、グリーンボンドがどのように投資家と発行体の行動を変えたのか、そしてこのビジネスモデルがどのように持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献することができるのかを見ていきます。…

Heike Reichelt |

ブータンにとって文化遺産は極めて重要な側面を成し、ブータン開発の指針となる哲学、国民総幸福量の4つの柱の一つでもあります。

Dechen Tshering, Barbara Minguez Garcia, James P. Newman |

このページの言語: English ブータンのワンデュ・ポダン・ゾン。2012年に火災で焼失。(Photo: Barbara Minguez Garcia 2018) 日本の京都とブータンのティンプーは3つの国と海に隔たれ、約4,500キロメートル離れた位置にあります。言葉も歴史も異なりますが、歴史的建造物に関しては火災という共通の敵が存在します。

Barbara Minguez Garcia, James P. Newman, Dechen Tshering |

このページの言語: English 世界では週に140万人にも上る人々が都市部へ移住しており、こうした都市部の人口増加を支えるために、2050年までに約10億戸の住宅が新築されると見込まれています。従って、今日我々が建てる建物の安全性は次の世代の安全な暮らしに直接影響を及ぼすことになります。
健全で安全かつ強靭な都市を築くためにはどのような取り組みが有効でしょうか。

Keiko Sakoda, Thomas Moullier, Louisa Helen Barker |

このページの言語: English | Español  2011年の震災後、営業を再開した仙台国際空港 出典:PIXTA 2011年3月、東日本大震災が日本を襲い、犠牲者と行方不明者の数は2万人近くにおよびました。宮城県の県庁所在地で東北地方の経済の中心である仙台は、震災により大きな被害を受けました。約50万人の市民が水道を利用できなくなり、仙台市の下水処理場は津波により水没しました。…

Sanae Sasamori, Naho Shibuya |

Also available in: Español | 日本語  コスモクロック21を背景にみなとみらい21地区を歩く「競争力のある都市づくり」実務者研修会合の参加者たち。みなとみらい21地区は、横浜市の中でも付加価値の高い活動が集中し、生活の質の高さに重点をおいた地区となっている。 写真提供:東京開発ラーニングセンター(TDLC) 都市の首長たちの業務を考えるとき、…

Sameh Wahba, Megha Mukim, Daniel Levine |