IDA第18次増資(IDA18)においては、脆弱で紛争の影響下にある状況への支援を3年間で2倍以上に増強しました(102億ドルから230億ドル)。 これにより、3,800万人以上が必要な保健サービスにアクセスし、1,500万人以上の子供が予防接種を受け、1,700万人以上が社会的セーフティネットプログラムを享受しましたが、さらに多くの支援が必要です。

Axel van Trotsenburg |

In Northern Nigeria, the Click-On-Kaduna program gave youth the skills and guidance they need to compete in the global digital economy.

Danielle Robinson, Aisha Sani, Zainab Rahima Aminu |

As COVID-19 (coronavirus) spreads across the globe, the disease is projected to take an immense human toll on Sub-Saharan Africa, infecting at least 110 million people in the region. The immediate...

Amy Copley, Alison Decker, Fannie Delavelle |

Alors que le COVID-19 (coronavirus) se propage à travers le monde, il est attendu que la maladie ait de graves répercussions humaines en Afrique subsaharienne, avec au moins 110 millions de...

Amy Copley, Alison Decker, Fannie Delavelle |

2030年までに極度の貧困をなくすには、貧困が最も根強く残っている場所に注目する必要があります。新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」は、このような場所が脆弱性・紛争の影響下(FCS)にある地域、またはサブサハラアフリカ地域だと指摘しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |