2030年までに極度の貧困をなくすには、貧困が最も根強く残っている場所に注目する必要がある。新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」は、このような場所が脆弱性・紛争の影響下(FCS)にある地域、またはサブサハラアフリカ地域だと指摘している。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |

新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」は、極度の貧困は大半の国で減少しつつある一方で、脆弱性・紛争の影響下(FCS)にある国々では増加していると指摘しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |

新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」の中で、2030年までに極度の貧困を3%まで削減するという世界目標の達成に向け、脆弱性・紛争・暴力の脅威は極めて深刻であると指摘し、いかにして向き合うべきかについてその方向性を提言しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |

我々の目の前には、大きなそして絡み合った数々の問題が立ちふさがっています。しかし、IDA-そして世界銀行グループ―は、こうした問題に立ち向かう最も貧しい国々を支援し、極度の貧困の撲滅に向け今後も力を尽くしていきます。

Akihiko Nishio |

ちょうど2週間前、シエラレオネでは、エボラ出血熱の流行終息が宣言され、市民は首都フリータウンの街に繰り出し、踊ったり歓声を上げ終息を祝った。4, 000人近くがこの恐ろしいウィルスの犠牲になった同国にとって、終息宣言は祝福に値する画期的な出来事である。

Joachim von Amsberg |