世界銀行は本日、「持続可能な開発目標(SDGs)アトラス2020年版」を発表しました。今年のアトラスはウェブ版として発表され、インタラクティブな語りかけと創造性に富んだデータ視覚化を通じて、持続可能な開発目標の進捗状況を分かりやすく説明しています。

Haishan Fu, Florina Pirlea, Umar Serajuddin, Divyanshi Wadhwa, Matthew Welch, Andrew Whitby |

IDA第18次増資(IDA18)においては、脆弱で紛争の影響下にある状況への支援を3年間で2倍以上に増強しました(102億ドルから230億ドル)。 これにより、3,800万人以上が必要な保健サービスにアクセスし、1,500万人以上の子供が予防接種を受け、1,700万人以上が社会的セーフティネットプログラムを享受しましたが、さらに多くの支援が必要です。

Axel van Trotsenburg |

IDAの支援の主な対象となるのは、これまで同様、IDA適格国で暮らす5億人の極度の貧困層です。IDAは、その活動と成果を通じて世界を全ての人にとってより良い場所にすることを目指しています。この使命を果たす上で、IDAは独自の役割を担っており、今回はIDA19の対象期間に期待される5つの革新を紹介します。

Samuel Munzele Maimbo |

2030年までに極度の貧困をなくすには、貧困が最も根強く残っている場所に注目する必要がある。新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」は、このような場所が脆弱性・紛争の影響下(FCS)にある地域、またはサブサハラアフリカ地域だと指摘している。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |

新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」は、極度の貧困は大半の国で減少しつつある一方で、脆弱性・紛争の影響下(FCS)にある国々では増加していると指摘しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |

新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」の中で、2030年までに極度の貧困を3%まで削減するという世界目標の達成に向け、脆弱性・紛争・暴力の脅威は極めて深刻であると指摘し、いかにして向き合うべきかについてその方向性を提言しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |