アフリカ各国は今後10年間、食糧安全保障を優先課題と位置付けて取り組んでいく必要があります。気候変動の影響や農業生産性の低下、そして急速な人口増や都市化により状況は一段と複雑になっているからです。

Simeon Ehui, Holger Kray, Elliot W. Mghenyi |

廃棄物管理の新しい取組み:いかに廃棄物を削減しながら経済成長を実現するか

Sameh Wahba, Silpa Kaza, Kremena M. Ionkova |

この25年間に、極度の貧困を削減する取組みは確実に進展し、世界人口に占める貧困層の割合は1990年の36%から、2018年には推定8.6%まで縮小されました。この期間に、何億人もの人々の生活水準も改善されました。

Philippe H. Le Houérou, Antoinette Sayeh |

我々の目の前には、大きなそして絡み合った数々の問題が立ちふさがっています。しかし、IDA-そして世界銀行グループ―は、こうした問題に立ち向かう最も貧しい国々を支援し、極度の貧困の撲滅に向け今後も力を尽くしていきます。

Akihiko Nishio |

Basira Basiratkha, principal of the Female Experimental High School in Herat, Afghanistan. Her school benefited from an IDA-supported program. © Graham Crouch/World Bank 西尾昭彦 世界銀行開発金融総局担当副総裁 いかなる国…

Akihiko Nishio |

This blog also in Spanish | Arabic | French | Chinese 人は誰もが、必要な時に基礎的な保健サービスを受ける権利があり、病気になったからといって、医療費支払いのために経済的な困難な状態に陥ることがあってはならない。このシンプルだが力強い信念に支えられ、現在、持続可能な開発目標(SDGs)の一環として国際社会が達成を目指すユニバーサル・ヘルス…

Tim Evans |

居場所ハウスで紙細工のアクセサリー作りを学ぶネパール使節団(撮影者:Margaret Arnold 、世界銀行) カトマンズで高齢者のソーシャル・ベンチャー事業「ビハニ」を運営していたサントシ・ラナさんは、2015年4月のネパール地震の後、多くの若者が救援・復興活動に参加していることに気づきました。「高齢者は、完全に蚊帳の外におかれ、ケアを必要とする受け身な存在として扱われていたのです。」…

Margaret Arnold |

極度の貧困状態にある人口割合が史上初めて10%を下回った。世界は今、これまでにないほど意欲的に開発に取り組んでいる。持続可能な開発目標(SDGs)の採択、そして2015年末のパリ協定調印を果たした国際社会は今、各目標の達成のために最も効率的かつ効果的な方法を検討中だ。今後5回にわたり、世界銀行グループの主要な5分野における現在の取組みと、今後の計画を紹介する。主要な分野とは、(1)…

Sri Mulyani Indrawati |

【概要】 地球観測の精度向上、コンピュータの性能拡大、通信機能の進展は、各国政府、世界銀行による効果的な土地管理を可能にし、ひいては貧困削減と繁栄の共有促進にも役立つ大きな可能性を秘めている。 このような技術は、世界銀行の取組み領域を以下の3つの観点で大きく変えることになるだろう。

Klaus Deininger |