「アスファルトよりもシリコンを」——これは、都市モビリティの未来を見据えた重要なモットーです。 交通渋滞など都市部の混雑がもたらす公害に対し、都市はデジタルツールを用いて既存の資源をより有効に活用することで、インフラの増設を避けることができます。新興国ではいま、このようなデジタル戦略が都市の持続可能性と成長を左右するものとされており、今後、…

Carlo Ratti |

私たちの世界は今、急速に高齢化しています。歴史上で初めて、世界で65歳以上の高齢者人口が5歳未満の子供の数を上回り、今世紀半ばにその数は2倍以上になると予想されています。どのようにすれば、可能な限り低コストで、高齢者たちが生産的で社会に不可欠な一員となれるよう、都市を設計することができるのでしょうか。

Yuko Arai |

今日、世界の各都市は、新型コロナウイルス感染症に関して、その能力の極限におよぶ対応を迫られています。
保健危機、社会的危機、経済危機を同時にもたらした今回の世界的流行により、各都市の計画性や危機管理能力が露呈し、危機的な状況下において各都市がどの程度機能するか、あるいはしないのかを露わにしています。

Sameh Wahba, Jan Vapaavuori |

被災時に、限られた水と電気やガスで調理ができるレシピ本が発売されました。料理という基本的な行いが、人々が災害時に生き残る上で役に立つのならば、コミュニティ全体の強靭性を維持させることができる国の政策には、どんなレシピ(手段)があるでしょうか。

Keiko Sakoda, Bandita Sijapati |

世界銀行の報告書「What a Waste 2.0」によると、廃棄物の発生は2050年までに70%増加すると予測されていますが、これは世界の人口増加率の約2倍にあたります。一人当たりの廃棄物の量は確実に増え続けており、その主な要因は急速な都市化と経済成長です。都市は、増え続ける大量の廃棄物を管理するために緊急に対応する必要があるのです。

Sameh Wahba, Silpa Kaza, Kremena M. Ionkova |

災害は、何十年もかけてようやく実を結んだ開発の恩恵を瞬時に消し去り、その後何年も、時には何世代にもわたる痛ましい大きな被害を生じさせることがあります。 現在、開発途上国における都市開発の約90%が災害を受けやすい地域周辺で行われています。ただちに気候変動および災害対策を講じなければ、世界中の都市に毎年3,140億ドルの損害が生じ、7,700万人もの都市住民が貧困に陥る可能性があるのです…

Sameh Wahba, Mami Mizutori |

日本政府と防災グローバル・ファシリティの支援を得て、災害の根本原因の分析と地域社会の強靭性向上に関する研修を、世界銀行とそのパートナーが80名以上のアフガニスタンの技術者と政策立案者に提供しました。

Julian Palma, Ditte Fallesen |

我々の目の前には、大きなそして絡み合った数々の問題が立ちふさがっています。しかし、IDA-そして世界銀行グループ―は、こうした問題に立ち向かう最も貧しい国々を支援し、極度の貧困の撲滅に向け今後も力を尽くしていきます。

Akihiko Nishio |

将来どのような仕事に就くのだろうとよく考えますか?学校であなたが学んでいることは、未来の仕事につながっていると思いますか?未来の教室そして教師はどのようになっているでしょうか?より良い学習方法があると思いますか?新しい教育の形について画期的なアイデアがありますか?あなたは現在、高校または中等教育機関に通う16歳~19歳の生徒ですか? もしこれがあなたに当てはまるなら、このブログ・…

Arathi Sundaravadanan |