世界銀行東京開発ラーニングセンターは、福岡市との都市連携プログラムを通じて、アーメダバード市の下水ネットワークのプロジェクト設計支援を提供しました。

三木 はる香, ハーシュ・ ゴヤール |

世界では、推定6人に1人(13億人)が重大な障がいを有しており、その80%が途上国に住んでいるため、計画、資金調達、建設の段階で都市中心部へのアクセスをより向上させる方法を検討することが不可欠です。

Yohei Takahashi, Imad N. Fakhoury, Charlotte McClain-Nhlapo |

グローバル水の安全保障・衛生パートナーシップ(GWSP)は、水に関する持続可能な開発目標とパリ協定を達成するために重要な活動をおこなっています。

Saroj Kumar Jha |

広島とサラエボ―日本とヨーロッパという遠く離れた二つの都市には、実は多くの共通点があります。両都市とも、戦禍による荒廃から復興した歴史があります。またどちらも市域面積に占める山間部の割合が高いという地形的共通点があります。両都市とも、都市化に伴い丘陵地の住宅化が進んだことで、土砂災害(地すべり、土石流、がけ崩れ等)のリスクが高まりました。このような共通点から、両都市の行政担当者が参加し、…

秋山 浩美, 高松 正嗣, Mustafa Copelj, Megha Mukim |

世界銀行グループは、世界の国を低所得国、低中所得国、高中所得国、高所得国の4つの所得グループに分類している。分類は前年度の1人あたり国民総所得(GNI)に基づき、毎年7月1日に更新される。GNIは、1989年に更新版が導入されたアトラス方式の換算係数を用いて、米ドルで表示される。世界銀行の所得別分類は、その国の開発段階を反映する目的とし、…

Nada Hamadeh, Catherine Van Rompaey, Eric Metreau |

世界銀行理事会はこのほど、IDA危機管理ファシリティの設置勧告を承認した。同ファシリティは、食料不安や異常気象を中心に、複合する世界的危機による開発課題悪化への対応に向け、世界の最貧国支援を拡大していく。

西尾 昭彦 |

広島はかつて、想像を絶する破壊と人々の苦しみの代名詞でした。ところが今は、希望と再生のシンボルとして、回復力、適応力、そしてコミュニティ主導の復興の強みを体現するまでになっています。

クリストファー・ パブロ, 秋山 浩美 |

東南アジア最大級の経済拠点であるマニラ首都圏は、フィリピンの人口の約11%が居住し、国内GDPの32%を占めるフィリピン経済の中心地ですが、首都圏の直下を走り、マニラ首都圏を横断する複数の地震発生源の中でも最も深刻な脅威を呈しているウェストバレー断層沿いに大地震の脅威が迫っています。

Jun Rentschler, Christoph Klaiber, Artessa Saldivar-Sali, Elad Shenfeld |

4月12日に開催される次回のソブリン債務ラウンドテーブルを前に、最近の動向について簡潔に説明すると共に、過剰債務に苦しむ国々が財政の持続可能性を実現できるよう、改めて迅速な行動を呼びかけたいと思います。

デイビッド・ マルパス |

世界銀行は、壊滅的な気候変動に対するグローバルな取組みにおいて、常に知識とイノベーションの最前線に立ち続けたいと考えています。

Axel van Trotsenburg |