2021年1月5日発表の「世界経済見通し(GEP)2021年1月版」では、世界経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行による急激な落ち込みから徐々に回復するとみられるとしていますが、2021年の経済成長は4%の見込みで、危機以前の予測をなおも5%以上下回る水準となります。ブログでは新型コロナウイルス感染症の新規感染者数、世界経済の予測、2022年までの危機以前の予測との開き、…

Patrick Kirby, Collette Wheeler |

2020年、新型コロナウイルス感染症の世界的流行が生活のあらゆる側面に影響を及ぼしました。ブログでは、新たな貧困層、景気低迷、債務負担の軽減、出稼ぎ労働者による本国送金額の減少、学校閉鎖、インターネット格差、ジェンダー格差、脆弱性・紛争・暴力(FCV)の影響下における貧困等、12項目の調査結果を図表を用いて紹介しています。

Paul Blake, Divyanshi Wadhwa |

新型コロナウイルス感染症流行下で複数の災害および危機が同時に発生した場合、国の災害リスク管理システムには適応性と柔軟性が必要であり、医療関連の緊急事態はすでに抱えている脆弱性をさらに悪化させます。医療関連の緊急事態に対応できるよう災害リスク管理システムを調整する際に検討すべき点として、5つのポイントがあげられます。

Jian Vun, Jolanta Kryspin-Watson |

世界銀行は本日、「持続可能な開発目標(SDGs)アトラス2020年版」を発表しました。今年のアトラスはウェブ版として発表され、インタラクティブな語りかけと創造性に富んだデータ視覚化を通じて、持続可能な開発目標の進捗状況を分かりやすく説明しています。

Haishan Fu, Florina Pirlea, Umar Serajuddin, Divyanshi Wadhwa, Matthew Welch, Andrew Whitby |

新型コロナウイルス感染症の世界的流行発生時、生活を維持するために食料や水、情報、保健などのサービスを必要としていた人々を救ったのが、近隣のつながりや地域の組織でした。そして、そのような地域組織の多くが社会的企業でした。ブログでは、成果連動型融資を通じた社会的企業による取り組みを考察します。

Maitreyi Bordia Das, Elaine Tinsley, Ibrahim Ali Khan |

「アスファルトよりもシリコンを」——これは、都市モビリティの未来を見据えた重要なモットーです。 交通渋滞など都市部の混雑がもたらす公害に対し、都市はデジタルツールを用いて既存の資源をより有効に活用することで、インフラの増設を避けることができます。新興国ではいま、このようなデジタル戦略が都市の持続可能性と成長を左右するものとされており、今後、…

Carlo Ratti |

IDA第18次増資(IDA18)においては、脆弱で紛争の影響下にある状況への支援を3年間で2倍以上に増強しました(102億ドルから230億ドル)。 これにより、3,800万人以上が必要な保健サービスにアクセスし、1,500万人以上の子供が予防接種を受け、1,700万人以上が社会的セーフティネットプログラムを享受しましたが、さらに多くの支援が必要です。

Axel van Trotsenburg |

新型コロナウイルス感染症の世界的流行は、7月中旬までに世界で約1,500万人の感染者と60万人以上の死者が確認されるなど、大きな打撃をもたらしています。一気に回復へと向かうためには、大規模でグローバルな連帯が不可欠です。アクセル・ヴァン・トロッツェンバーグ世界銀行専務理事のブログでご覧ください。

Axel van Trotsenburg |

私たちの世界は今、急速に高齢化しています。歴史上で初めて、世界で65歳以上の高齢者人口が5歳未満の子供の数を上回り、今世紀半ばにその数は2倍以上になると予想されています。どのようにすれば、可能な限り低コストで、高齢者たちが生産的で社会に不可欠な一員となれるよう、都市を設計することができるのでしょうか。

Yuko Arai |

IDAの支援の主な対象となるのは、これまで同様、IDA適格国で暮らす5億人の極度の貧困層です。IDAは、その活動と成果を通じて世界を全ての人にとってより良い場所にすることを目指しています。この使命を果たす上で、IDAは独自の役割を担っており、今回はIDA19の対象期間に期待される5つの革新を紹介します。

Samuel Munzele Maimbo |