「アスファルトよりもシリコンを」——これは、都市モビリティの未来を見据えた重要なモットーである。交通渋滞など都市部の混雑がもたらす公害に対し、都市はデジタルツールを用いて既存の資源をより有効に活用することで、インフラの増設を避けることができる。新興国ではいま、このようなデジタル戦略が都市の持続可能性と成長を左右するものとされており、今後、…

Carlo Ratti |

IDA第18次増資(IDA18)においては、脆弱で紛争の影響下にある状況への支援を3年間で2倍以上に増強しました(102億ドルから230億ドル)。 これにより、3,800万人以上が必要な保健サービスにアクセスし、1,500万人以上の子供が予防接種を受け、1,700万人以上が社会的セーフティネットプログラムを享受しましたが、さらに多くの支援が必要です。

Axel van Trotsenburg |

新型コロナウイルス感染症の世界的流行は、7月中旬までに世界で約1,500万人の感染者と60万人以上の死者が確認されるなど、大きな打撃をもたらしています。一気に回復へと向かうためには、大規模でグローバルな連帯が不可欠です。アクセル・ヴァン・トロッツェンバーグ世界銀行専務理事のブログでご覧ください。

Axel van Trotsenburg |

私たちの世界は今、急速に高齢化しています。歴史上で初めて、世界で65歳以上の高齢者人口が5歳未満の子供の数を上回り、今世紀半ばにその数は2倍以上になると予想されています。どのようにすれば、可能な限り低コストで、高齢者たちが生産的で社会に不可欠な一員となれるよう、都市を設計することができるのでしょうか。

Yuko Arai |

IDAの支援の主な対象となるのは、これまで同様、IDA適格国で暮らす5億人の極度の貧困層です。IDAは、その活動と成果を通じて世界を全ての人にとってより良い場所にすることを目指しています。この使命を果たす上で、IDAは独自の役割を担っており、今回はIDA19の対象期間に期待される5つの革新を紹介します。

Samuel Munzele Maimbo |

私たちは未曾有の危機に直面しています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、痛ましいことに現在までに435,000人余りが命を落としました。現在、前例のない困難と不確実な状況にある中で、将来のリスクや災害について考えることは不自然に感じられます。ではなぜこのような時に、将来のリスクに向けて計画を立てるべきなのでしょう。またその計画はどのように立案すべきでしょうか。

Evie Calcutt, Nicola Ranger |

新型コロナウイルス感染症の流行拡大は、どの国にとっても未知の領域であり、世界的な公衆衛生上の緊急事態であると共に、過去に例を見ないほど大規模な経済危機をもたらしている。世界銀行グループは、各国がこの公衆衛生上の緊急事態に対応し、可能な限り経済的損失を抑え、長期的回復に向けた計画立案に着手できるよう、あらゆる手を尽くす決意である。

Axel van Trotsenburg |

本日、所得水準の特に低い途上国に対する債務救済イニシアティブが開始される。その重要性を強調するとともに、この1週間の世界銀行グループの主な動きをまとめる。

David Malpass |

今日、世界の各都市は、新型コロナウイルス感染症に関して、その能力の極限におよぶ対応を迫られている。
保健危機、社会的危機、経済危機を同時にもたらした今回の世界的流行により、各都市の計画性や危機管理能力が露呈し、危機的な状況下において各都市がどの程度機能するか、あるいはしないのかを露わにしている。

Sameh Wahba, Jan Vapaavuori |

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、今年はバーチャル形式で春季会合を実施し、実りの多い一週間となった。また、費用効果が高く、低炭素な形式でステークホルダーとの会議を開催できたことを嬉しく思う。

David Malpass |