広島とサラエボ―日本とヨーロッパという遠く離れた二つの都市には、実は多くの共通点があります。両都市とも、戦禍による荒廃から復興した歴史があります。またどちらも市域面積に占める山間部の割合が高いという地形的共通点があります。両都市とも、都市化に伴い丘陵地の住宅化が進んだことで、土砂災害(地すべり、土石流、がけ崩れ等)のリスクが高まりました。このような共通点から、両都市の行政担当者が参加し、…

秋山 浩美, 高松 正嗣, Mustafa Copelj, Megha Mukim |

広島はかつて、想像を絶する破壊と人々の苦しみの代名詞でした。ところが今は、希望と再生のシンボルとして、回復力、適応力、そしてコミュニティ主導の復興の強みを体現するまでになっています。

クリストファー・ パブロ, 秋山 浩美 |

自然災害で道路が損傷すると、被害はインフラへの損害にとどまりません。タジキスタンの山岳地帯における道路の強靭性を高めるため、世界銀行および防災グローバル・ファシリティは、日本―世界銀行防災共同プログラムの支援を受け作成された報告書「主要輸送回廊における災害による経済的影響評価」を発表しました。

Daniel Kull, Ko Takeuchi, Marinos Skempas, Faridun Sanginov |

今日、世界の各都市は、新型コロナウイルス感染症に関して、その能力の極限におよぶ対応を迫られています。
保健危機、社会的危機、経済危機を同時にもたらした今回の世界的流行により、各都市の計画性や危機管理能力が露呈し、危機的な状況下において各都市がどの程度機能するか、あるいはしないのかを露わにしています。

Sameh Wahba, Jan Vapaavuori |

Also available in: Russian 「奇跡の一本松」:2011年の大津波に耐えた樹齢250年といわれる松の木。19, 000 人の犠牲者を追悼するモニュメントとして保存されている。 (写真:ウィキペディア・コモンズ) 災害リスク管理というと、地域社会が将来起こりうる災害リスクに備えるための最先端技術に目を向けがちである。そうした先端技術はもちろん重要であるが[[…

Ko Takeuchi |