アフリカ諸国が災害に見舞われた場合、どのような選択肢があるでしょうか。気候環境がより厳しくなり、財源の利用が限定され、社会的・経済的圧力が高まり、さらにパンデミックの最中にいる状況で、増大する気候・気象・水のリスクに対して人々の準備態勢はどのくらい整っているでしょうか。この5年間、「アフリカ気象水文プログラム」ではコミュニティや国、さらにはアフリカ大陸全体を1つにまとめ、…

Prashant Singh, Makoto Suwa, Zirra Banu |

IDA第18次増資(IDA18)においては、脆弱で紛争の影響下にある状況への支援を3年間で2倍以上に増強しました(102億ドルから230億ドル)。 これにより、3,800万人以上が必要な保健サービスにアクセスし、1,500万人以上の子供が予防接種を受け、1,700万人以上が社会的セーフティネットプログラムを享受しましたが、さらに多くの支援が必要です。

Axel van Trotsenburg |

世界銀行グループは、途上国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応力を高め、社会・経済の回復までの時間を短縮できるよう取組みを進めています。デイビッド・マルパス世界銀行グループ総裁による、2020年4月3日までの1週間の世界銀行グループの主な動きのまとめをブログでご覧ください。

デイビッド・ マルパス |

デイビッド・マルパス世界銀行グループ総裁による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する世界銀行グループの動きのまとめをブログでご覧ください。

デイビッド・ マルパス |

2030年までに極度の貧困をなくすには、貧困が最も根強く残っている場所に注目する必要があります。新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」は、このような場所が脆弱性・紛争の影響下(FCS)にある地域、またはサブサハラアフリカ地域だと指摘しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |

アフリカ各国は今後10年間、食糧安全保障を優先課題と位置付けて取り組んでいく必要があります。気候変動の影響や農業生産性の低下、そして急速な人口増や都市化により状況は一段と複雑になっているからです。

Simeon Ehui, Holger Kray, Elliot W. Mghenyi |

国の混乱と既得権が成長を阻んできたアフリカ地域-投資家が大いに注目

デイビッド・ マルパス |

経済成長には社会を変革し、繁栄を加速させ、人々に豊かな生活をもたらす力があります。しかし、経済成長の恩恵を社会の最も貧しい人々に届けるためには、雇用の数と質を高めることが欠かせません。

西尾 昭彦 |

「今、私たちは真に自由で、トラクターが動き収入を得ることができる限り、以前の状態に逆戻りすることはありえません。」私は最近チャドを訪問する機会がありましたが、現地でアミナトゥをはじめとする希望にあふれ、自信に満ちた女性たちに感銘を受けました。

アネット ディクソン |

世界では、最貧国を中心に、今後10年間で約6億人分の雇用が必要になると予測されています。南アジア地域だけを見ても、人口動態の変化に伴い毎年1,300万人分以上の雇用を創出する必要があります。サブサハラ・アフリカに至ってはさらに深刻です。人口は南アジアより少ないのに、毎年1,500万人分もの雇用創出が必要になると見られています。

西尾 昭彦 |