新型コロナウイルス感染症の危機の影響は、世界で最も貧しく脆弱な国々で特に深刻です。国際開発協会(IDA)は、2020年に資金コミットメントの実行を加速させた後、第20次増資交渉を前倒しして開始しました。今こそ、最貧国のニーズに応えるために不可欠な国際協調を推進すべき時であるとしています。

デニー・ カリャリャ博士, Axel van Trotsenburg |

2020年、ケニア北部にまで到達したサバクトビバッタの大群による蝗害の規模と深刻さは気候変動との関連性が指摘されており、ケニアなど感染症危機への対応に追われていた国々にとって、気候変動がさらなるリスクとして加わりました。しかもこの先、状況は悪化し、特に最脆弱層に打撃をもたらすとみられています。国際開発協会(IDA)は、気候変動の問題に直面する最貧困国を多くの形で支援しています。

Juergen Voegele |

国際開発協会(IDA)は、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大による公衆衛生上の危機と経済的危機への対応を続けています。西尾昭彦 世界銀行開発金融担当副総裁によるブログでは、新たな貧困層、食糧危機、対外債務過剰のリスクが大きな国、小国における成長縮小、包括的な回復、の5つの課題を挙げ、世界の最貧国における強靭な回復に向けた道を提示しています。

西尾 昭彦 |

2020年、新型コロナウイルス感染症の世界的流行が生活のあらゆる側面に影響を及ぼしました。ブログでは、新たな貧困層、景気低迷、債務負担の軽減、出稼ぎ労働者による本国送金額の減少、学校閉鎖、インターネット格差、ジェンダー格差、脆弱性・紛争・暴力(FCV)の影響下における貧困等、12項目の調査結果を図表を用いて紹介しています。

Paul Blake, Divyanshi Wadhwa |

世界銀行は本日、「持続可能な開発目標(SDGs)アトラス2020年版」を発表しました。今年のアトラスはウェブ版として発表され、インタラクティブな語りかけと創造性に富んだデータ視覚化を通じて、持続可能な開発目標の進捗状況を分かりやすく説明しています。

Haishan Fu, Florina Pirlea, Umar Serajuddin, Divyanshi Wadhwa, Matthew Welch, Andrew Whitby |

IDA第18次増資(IDA18)においては、脆弱で紛争の影響下にある状況への支援を3年間で2倍以上に増強しました(102億ドルから230億ドル)。 これにより、3,800万人以上が必要な保健サービスにアクセスし、1,500万人以上の子供が予防接種を受け、1,700万人以上が社会的セーフティネットプログラムを享受しましたが、さらに多くの支援が必要です。

Axel van Trotsenburg |

IDAの支援の主な対象となるのは、これまで同様、IDA適格国で暮らす5億人の極度の貧困層です。IDAは、その活動と成果を通じて世界を全ての人にとってより良い場所にすることを目指しています。この使命を果たす上で、IDAは独自の役割を担っており、今回はIDA19の対象期間に期待される5つの革新を紹介します。

Samuel Munzele Maimbo |

2030年までに極度の貧困をなくすには、貧困が最も根強く残っている場所に注目する必要があります。新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」は、このような場所が脆弱性・紛争の影響下(FCS)にある地域、またはサブサハラアフリカ地域だと指摘しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |

新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」は、極度の貧困は大半の国で減少しつつある一方で、脆弱性・紛争の影響下(FCS)にある国々では増加していると指摘しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |

新報告書「脆弱性・紛争:貧困との戦いの最前線で」の中で、2030年までに極度の貧困を3%まで削減するという世界目標の達成に向け、脆弱性・紛争・暴力の脅威は極めて深刻であると指摘し、いかにして向き合うべきかについてその方向性を提言しています。

Daniel Gerszon Mahler, Tara Vishwanath, Alexander Irwin |