• 130 件見つかりました

イエメンには、適応計画の改善や、洪水・鉄砲水に強い都市インフラの構築に向けて、多くの課題が残されています。世界銀行は現在、コンサルタントや専門家を派遣して、いくつかの都市の地域社会やステークホルダーと直接関わりながら現地調査を行って、気候変動関連で最も差し迫った問題を見極め、支援の優先順位付けと設計を行っています。

Emily Owen, Pasquale Franzese |

世界銀行はこのほど発表した「アフリカの昆虫利用農業と水耕栽培:食の循環型経済」の中で、脆弱性・紛争・暴力の影響下にあるアフリカにおいて、食料セクターにおける循環型経済実現という視点から最先端の農業技術を導入する利点について論じている。特に、昆虫利用農業をとりあげ、雇用創出、生計の多様化、栄養へのアクセス向上といった面でどういった貢献が期待できるかを分析している。

Dorte Verner, Line Astrom |

QIIの原則は、インフラ投資における戦略的な方向性を示しています。これらの原則は、開発の現場でどのように実践されているのでしょうか。世界銀行に設置された信託基金であるQIIパートナーシップは、途上国におけるこれら原則の実践を検証するため、世界銀行のプロジェクトの中から8件についてケーススタディを行い、その内容を発表しました。

Naomitsu Nakagawa |

新型コロナウイルス感染症の世界的大流行前から、多くの国々では、様々な制約から日常的な保健医療の需要を満たすのに苦労してきました。災害やパンデミックなどの衝撃に対し、各国はどのように保健医療システムを準備すればよいのでしょうか?世界銀行の報告書フロントライン『Frontline』が青写真を提供しています。

Mersedeh Tariverdi, Daniel Clark Thompson, Jun Rentschler, Keiko Sakoda |

新型コロナウイルス感染症で世界は大きく後退した。1日1.9ドル以下で暮らす貧困人口は1億人以上増えた。気候変動で2030年にはさらに1億3,000万人が貧困に陥る可能性がある。今、行動を起こさなければ、貧困撲滅に向けた取り組みは意味を失ってしまうだろう。

ユルゲン・ フォーグレ |

ウクライナでの戦争が食料システムに与えているダメージを見くびることはできません。2年間にわたるコロナ危機と、気候変動、通貨下落、財政状況の悪化により、世界はそれでなくても不安定になっていました。食料価格の乱高下を抑え、この新たな危機から抜け出せるかどうかは、各国の政策と世界的な協力にかかっています。

マリ・エルカ・ パンゲストゥ |

水は人間が生きていく上で絶対に欠かすことのできないニーズであり、開発、成長、強靱性にとって極めて重要ですが、世界人口の4分の1に相当する20億人が、安全な飲料水を確保できず、半分に相当する36億人が安全な衛生施設にアクセスを持っていません。

デイビッド・ マルパス, マッキー・ サル |

質の高いインフラ投資は、質の高い成長の促進、富の構築、そして福祉の向上に不可欠です。日本と世界銀行は、質の高いインフラ投資パートナーシップを締結し、質の高い成長を促進するインフラ投資を支援しています。新型コロナウイルス感染症のショックから回復途上にある現在、このパートナーシップは、ビルドバック・ベター・アプローチを支援しています。

Tsuyoshi Hara |

R2Rは世界銀行とフィリピン政府を代表する国家減災・防災委員会(仮訳)(National Disaster Risk Reduction and Management Council)および市民防衛局との共同で開発され、導入に至りました。また、防災グローバル・ファシリティ (GFDRR)、そして日本―世界銀行防災共同プログラムから資金の提供を受けています。R2Rは「手段」…

Lesley Jeanne Y. Cordero |

2021年12月に日本が主催した国際開発協会(IDA)の第20次増資(IDA20)プレッジング会合において、過去最大規模の増資が合意に至りました。IDA20により、最貧国が経済回復の基盤を築くための930億ドルの譲許的資金が供与されます。

デイビッド・ マルパス |